FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.10.31 メモ
わかんなくなってきた!!
国際協力ってなんだ!?
国際貢献ってなんだ!?
そもそも平和ってなんなのさ!!

考えれば考えるほど分からない
矛盾しまくってるというか矛盾しすぎてる。

とりあえず大まかに分けてみるとして
国際貢献は金銭的、物質的な援助をすること。
国際協力は人員的な援助で一緒に井戸を掘ったりトイレを作ったりすること、でいいのかな??

これは私が自分の頭ん中整理するためのメモだから。
訳分かんないと思うけどもし読んでなんか思うことあったら言ってほしい…。
でもきっと誰が読んでもこれは理解できないよね。
文章能力無いし…。

とにかく長いからもう読まないで良いです。
私、元気でやってます。
今日はバングラデシュ派遣の選考会で日曜日なのに会社に制服着て行ってきました。
はい、今週の日記はこれで終わり。あとは日記ではなくてメモです。

平和について考えた時、まず戦争がなくなれば良いって考える。
でも戦争に使うための武器を作ることで生計たててる人もいる。
って思うと、戦争をしてる国同士は不幸であっても武器を作って生計を立てている人にとっては
戦争が起こることは自分たちが幸せに暮らすための1つの手段で、戦争はその人達にとって必要なことなんよ。
戦争が起きると、戦争を起こしてる国同士は不幸になる。
でも武器を作っている国は需要が増えるから幸せになる。
戦争が無くなると戦争をしてた国の人々は平和に暮らせる。
でもこんどは武器を作ってた国は売れなくなって生活が苦しくなるから不幸になる。
バランス取れてないよね。

もうひとつ。
たとえば何か作物をA国にすごく安いお金で作ってもらってB国は輸入して売るとするでしょ。
B国は食べ物が安く手に入るから人々は生活が成り立って幸せに暮らせる。
でもA国は安い賃金で働いてるからお金がなくてとっても大変な暮らしをしてるかもしれない。
だからといってもしA国が値上げして高いお金で作物を作って売り始めたら、
B国の人は高くて生活が成り立たず、A国の人はお金が入ってそれなりに幸せになるかもしれないけど
今度はB国の人が暮らしに困って不幸になるかもしれないよね。
どうしても格差が生まれると思う。
バランス取れてないよね。

で、この二つの話を職場の先輩に言ったら、
それでもきっと武器を作って生計を立てていた人は、戦争が無くなると他の方法で
生計を立てようとするし、お金がなかったら無いなりに他の方法で生計を立てようとするはずだって言われた。
それは納得できたんよね。
…確かに生きるためやもん、もし今までの方法がうまくいかなくなったら
他の方法見つけてなんとかしようとするかもしれん。

でもそれでもやっぱり格差は無くならないんじゃないかな。
…って反論したら言われたこと→そもそも格差って人が作ったもんじゃない??
どこかとどこかを人が比べるから格差って言葉が生まれるんでしょ。
その国のその地域のそこだけとかでみてたら、そもそも格差なんて生まれないよ。
…で、このことにも納得出来た。
確かに、比べるから格差が生まれるのであって、比べなければ格差なんて生まれない。

でも格差が他と比べることで生まれるものだと言うんやったらさ、
そもそも国際協力とか自体必要なくない??
ユニセフとか、ジャイカとか、NGOやODAとか、めっちゃ押しつけやん!!って思う。
だって、たとえば一日1ドル以下で暮らしてる国があって、エイズや下痢や貧困の中、
電気やガスがない中で暮らしてる国があるとする。
でもそれでもその国の人たちにはそれが普通で、その中でも平和にそれなりに暮らしてるわけやん。
それを周りの国とか、それこそ国連やユニセフやらが、あの国はほかの国と比べて少ないお金で生活してる、
とか、電気は無いのは不便だろうから作るべきだって言ってやってるねんで。
その国は別に電気とか無くても良かったわけやのに。
それでも暮らし成り立ってたわけで、トイレ無いのが普通、エイズとか下痢とか、
起こるのが普通でその中で暮らしてたわけなんやから。
他国と比べさえしなければ別にその国はその国で成り立って平和に暮らせてるってことでしょ。
それをよこからあーだこーだ言って勝手に比べて不幸だろうと口出しする必要があるのだろうか。
…無い気がする。。。
現にブータンは貧困国と言われてるけど幸福度指数GNH(国民総幸福量/経済的に、
精神的に豊かであるということ)は日本が約7%に対してブータンは95%の人が幸せやと思ってる。


でもだからといってジャイカや国連とかのしてることが間違ってるとも思わないんやけどね。
たしかに衛生は良い方が良いし、エイズや下痢は無い方が良いのは分かってる。
そういう知識も知らないより知ってた方が良いのも分かるし、それがその国の人にとって必要だとも思うから。
もちろんその国の人が本当に必要だと納得したうえですることが大切やけど。
でもその納得してもらうためにする説明すらもいらんことを吹き込んでることと同じなんじゃないかなって。
必要なことやけど、知らなくても生活してたわけなんやから。
一年に100万稼いで幸せやと思うA国が、年間50万稼いで幸せやと思ってるB国に、
100万稼ぐ方法教えたる!って言って教えた所で本当にB国は幸せになるんやろか。
実際に電気のない国に対して、電気無いのは不便やろって言ってヨーロッパが電気を通した国がある。
でもその国は電気が通ったことでテレビが映るようになり、国民がテレビに夢中になって働かずに潰れていった国もあると、今日話した先輩が言ってた。

ホントにその国に必要なことって何なんやろ。
ホントにその国が求めてることって何なんやろ??…

それを見極めるのって凄く難しい。
でも大切なことなんよね。。。


ぁー答えが出ない。
矛盾してる。
自分でどんな答えを求めているのかすら分からんくなるよ。



とりあえず最近の私、そんなこんなことを考えながらも元気にやっています。
皆さんも風邪ひかないようにお気をつけて過して下さいまし。
それではー。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://happytamaeday.blog119.fc2.com/tb.php/19-5e551f16
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。